南アフリカダイヤモンド

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

       青山学院大学 研究者情報    English >>       TOPページ    基幹教員 担当科目 専門分野及び関連分野 学歴・学位 職歴 所属学会 賞 学生指導及び学内行政分担 研究課題・受託研究・科研費 委員会・協会等 研究業績(著書・論文等) 研究業績(招待講演) 研究業績(学会発表)     (最終更新日:2024-04-01 17:55:41)   ミヤジ ユタカ   MIYAJI Yutaka   宮治 裕    所属   青山学院大学  社会情報学部 社会情報学科    職種   教授 ■ 基幹教員 主要授業科目担当 ■ 担当科目 プログラミング基礎,コンピュータネットワーク基礎,インターネット概論,ネットワーク構成実習,社会情報特別講義D,情報産業論,社会・情報特別講義B,プログラミング基礎演習,ネットワーク構築演習,ゼミナールⅠ,ゼミナールⅡ,特定課題演習/研究,卒業研究,ウェブサービス構築,卒業研究Ⅰ,卒業研究Ⅱ,特定課題演習/研究Ⅰ,特定課題演習/研究Ⅱ,コンピュータネットワーク特論,インターンシップ特別実習,特別研究(A),特別研究(B),特別研究(C),特別研究(D),社会情報特別演習,プログラミング応用特論 ■ 専門分野及び関連分野 ロボット工学, 情報処理, 人工知能, 感性工学  ■ 学歴・学位 1. 青山学院大学 理工学部 機械工学科 卒業 2. 青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士前期課程修了 3. 千葉工業大学 博士(工学) ■ 職歴 1. 1993/04~1997/03 青山学院大学 情報科学研究センター 情報科学研究センター 計算機助手 2. 1997/04~2004/03 青山学院女子短期大学 一般教育科目 専任講師 3. 2004/04~2008/03 青山学院女子短期大学 一般教育科目 助教授・准教授 4. 2008/04~2018/03 青山学院大学 社会情報学部 社会情報学科 准教授 5. 2018/04~ 青山学院大学 社会情報学部 社会情報学科 教授 ■ 所属学会 1. 1993/04~ 日本情報処理学会 2. 2001~ 人工知能学会 3. 2001~ 日本ロボット学会 4. 2001~ 日本感性工学会 ■ 賞 1. 2005/04 Excellent Paper in 2004 Korea-Japan Joint Symposium on Emotion & Sensibility 2. 2007/03 2006 日本感性工学会賞 大会優秀発表賞 ■ 学生指導及び学内行政分担 1. 2008/04/01~2009/03/31 青山学院大学 情報科学研究センター副所長(相模原キャンパス) 2. 2017/04/01~2018/03/31 青山学院大学 社会情報学部社会情報学科主任 3. 2018/04/01~2020/03/31 青山学院大学 社会情報学部教務主任 4. 2020/04/01~2022/03/31 青山学院大学 大学院社会情報学研究科社会情報学専攻教務主任 5. 2021/04/01~2023/03/31 青山学院大学 情報メディアセンター所長 6. 2023/04/01~2025/03/31 青山学院大学 情報メディアセンター所長 5件表示 全件表示(6件) ■ 研究課題・受託研究・科研費 1. 1998/04~  擬似感性を有する介護者支援ロボットの研究開発 個人研究  2. 2008/04~  ユビキタスネットワーク社会におけるサービス 個人研究  3. 2009/04~  大学などにおける携帯型情報機器活用 個人研究  4.   携帯端末を活用した新しい大学教育の創造 基盤研究(C)  ■ 委員会・協会等 1. 2021/04~ 公益社団法人私立大学情報教育協会 理事 2. 2009/11~2010/03 第5回情報システム学会全国大会 実行委員会 委員 3. 2007/01~2007/12 第25回日本ロボット学会学術講演会 実行委員会 委員 4. 2005/01~2005/12 第7回日本感性工学会 大会・総会 実行委員会 委員 ■ 研究業績(著書・論文等) 1. 著書  人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明 ~データ収集から学習までの具体例・製品開発への応用~  365-375頁 (共著) 2021/06 2. 著書  コンピュータリテラシー PCの基礎から実践まで   (共著) 2017/04 3. 著書  情報基礎講義(Office2007対応版)   (共著) 2009/04 4. 著書  情報基礎講義   (共著) 2006/04 5. 著書  新版 情報基礎   (共著) 2003/04 6. 著書  日本の福祉 福祉の多様化と介護保険制度(共著・責任執筆) 第13章「介護者支援ロボットシステム」の提案   (共著) 2001/07 7. 著書  社会人大学生涯学習講座テキスト No.2 情報基礎   (共著) 2000/03 8. 論文  視覚障害者向け 360 度周辺情報提示システム 情報システム学会誌 17(2),35-48頁 (共著) 2022/03 9. 論文  Machine Learning Approach for Depression Detection in Japanese Proceedings of the 35th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation pp.346-353 (共著) 2021/11 10. 論文  動きにおける「かわいさ」の研究 日本感性工学会論文誌 315-323頁 (共著) 2015/03 11. 論文  Implementation Approach of Affective Interaction for Caregiver Support Robot  1060-1069頁 (共著) 2013/12 12. 論文  Study of Kawaii-ness in Motion - Physical Properties of Kawaii Motion of Roomba Human-Computer Interaction. Human-Centred Design Approaches, Methods, Tools, and Environments. HCI (8004),pp.620-629 (共著) 2013 13. 論文  iPhoneを利用したユビキタス社会時代の教育支援・授業支援 青山インフォメーション・サイエンス,青山学院大学附置情報科学研究センター 3-19頁 (共著) 2012/03 14. 論文  人間共生ロボットにおける擬似感性システムの構築と評価 日本感性工学会論文誌 601-609頁 (共著) 2010/09 15. 論文  青山学院大学社会情報学部におけるiPhoneの導入 −初年度総括 ねらいと効果について− コンピュータ&エデュケーション・CIEC 4-10頁 (共著) 2010/06 16. 論文  KANSEI GENERATOR USING HMM FOR VIRTUAL KANSEI IN CARETAKER SUPPORT ROBOT Kansei Engineering International(Journal of Japan Society of Kansei Engineering) 83-90頁 (共著) 2009/01 17. 論文  Emotion Detecting Method based on Various Attributes of Human Voice 感性科学誌 1-7頁 (共著) 2005/04 18. 論文  コンピュータおよびインターネットを活用した英語教育方法・環境 青山学院女子短期大学 総合文化研究所 年報 71-88頁 (単著) 2004/12 19. その他 スマートフォン導入による教育環境改善 大学時報,日本私立大学連盟 62-67頁 (単著) 2012/05 20. その他 介護者支援ロボットの実現に向けて 病院設備 31-36頁 (共著) 2003/01 5件表示 全件表示(20件) ■ 研究業績(招待講演) 1. 2011/09/07 「知のインフラ」多機能携帯端末の教育利用 問題提起(講演+パネリスト)(私学会館) 2. 2010/11/13 青山学院大学 社会情報学部でのiPhone導入と活用(法政大学) 3. 2010/08/26 青山学院大学社会情報学部への iPhone導入と取り組み ‐モバイルラーニングの側面について‐ 4. 2010/07/09 青山学院大学のiPhone活用事例(東京ビックサイト) 5. 2010/02/27 青山学院大学 社会情報学部におけるiPhoneの導入と活用 6. 2009/12/11 青山学院大学 社会情報学部における iPhoneの導入とその活用事例(青山学院大学 相模原キャンパス) 7. 2009/11/08 e-learningによって授業はどう変わったのか(札幌学院大学) 8. 2009/11/08 授業におけるiPhoneの活用事例(札幌学院大学) 5件表示 全件表示(8件) ■ 研究業績(学会発表) 1. 2024/03 プログラミング教育におけるAIチューターの開発(情報処理学会 第86回全国大会(共同研究者による発表)) 2. 2024/03 動画像解析によるプレゼンテーションにおける自己修正支援システム(情報処理学会 第86回全国大会(共同研究者による発表)) 3. 2024/03 訪日観光客を対象とした風水害注意情報提供システム(情報処理学会 第86回全国大会(共同研究者による発表)) 4. 2023/03/11 献立における選択のストレスを軽減するレシピ検索システム(情報コミュニケーション学会第 20 回全国大会(共同研究者による発表)) 5. 2023/03 移動および固定ノードによる無線位置測定を用いたAR情報提供システム(情報処理学会第85回全国大会(共同研究者による発表)) 6. 2022/03/05 DBpediaの社会的なつながりを活用した音楽アーティストの推薦(情報処理学会 第84回全国大会(共同研究者による発表)) 7. 2022/03/05 視覚障害者向け物体・文字情報提示システム(情報処理学会 第84回全国大会(共同研究者による発表)) 8. 2022/03/04 確率的潜在意味解析と最大事後確率推定を用いた日本語歌詞の印象推定手法の評価(情報処理学会 第84回全国大会(共同研究者による発表)) 9. 2022/03/03 人体モデルを用いたオンライン試着システムの構築(情報処理学会 第84回全国大会(共同研究者による発表)) 10. 2021/11/06 Machine Learning Approach for Depression Detection in Japanese(The 35th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 35) (共同研究者による発表)) 11. 2021/07/23 Proposal for Surrounding Information Presentation System for the Visually Impaired(15th Multi Conference on Computer Science and Information Systems(共同研究者による発表)) 12. 2021/06/26 iCBT with the emotion visualizer(The 10th International Conference on Intelligent Computing and Applications (ICICA 2021)(共同研究者による発表)) 13. 2021/03/19 ツイートデータを用いた精神状態と生活習慣の可視化システムの提案(情報処理学会 第83回全国大会(共同研究者による発表)) 14. 2021/03/19 視覚障害者向け周辺情報提示システム(情報処理学会 第83回全国大会(共同研究者による発表)) 15. 2021/03/18 うつ病を防ぐため人工知能機能を搭載した認知行動療法(情報処理学会 第83回全国大会(共同研究者による発表)) 16. 2020/09/08 Works Recommendation System Across Multiple Domains with Extraction of Kansei from Document Distributed(The 2020 International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research(共同研究者の発表)) 17. 2019/03/15 位置情報と時間軸情報を用いたスポットレコメンデーションシステム(情報処理学会 第81回全国大会(共同研究者による発表)) 18. 2019/03/15 自然言語処理を用いたコンテンツ業界作品のクロスドメイン推薦(情報処理学会 第81回全国大会(共同研究者による発表)) 19. 2019/03/14 目的に応じた適切な行動認識手法の検討(情報処理学会 第81回全国大会(共同研究者による発表)) 20. 2019/03/14 高齢者の住居内行動把握のための動画記録システム(情報処理学会 第81回全国大会(共同研究者による発表)) 21. 2018/06/01 Virtual Emotion for Robots – What, Why, and How –(ISASE-MAICS2018(International Symposium on Affective Science and Engineering-Modern Artificial Intelligence and Cognitive Science Conference)(共同研究者の発表)) 22. 2016/06/07 Twitter データに基づく関心事項提示システム(人工知能学会 全国大会(共同研究者による発表)) 23. 2013/07/25 Study of Kawaii-ness in Motion – Physical Properties of Kawaii Motion of Roomba(Human-Computer Interaction, 15th International Conference. HCI International 2013 (共同研究者の発表)) 24. 2013/06 Twitterを対象とした評価極性判定システムの構築(人工知能学会(共同研究者の発表)) 25. 2013/03 三次元物理シミュレーションによるリアルタイム仮想試着(情報処理学会(共同研究者の発表)) 26. 2009/09/08 拡張現実感を用いた人間共生ロボットの感性評価(第11回 日本感性工学会大会) 27. 2007/09 介護者支援ロボットにおける感性関連研究の取り組み(第25回 日本ロボット学会学術講演会) 28. 2007/05 Virtual KANSEI for Robots in Welfare(2007 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering) 29. 2007 KANSEI Generator using HMM for Virtual KANSEI in Caretaker Support Robot(International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007(共同研究者の発表)) 30. 2006/04 介護者支援ロボットにおける擬似感性の構築(第1回 感性ロボティクスシンポジウム(日本感性工学会)) 31. 2006/03 介護者支援ロボットにおける感性的動作 ―印象に影響を与える動作要素の抽出と擬似感性への適用―(第2回日本感性工学会春季大会) 32. 2005/06 擬似感性を用いた多様なロボット動作の実現(ロボティクス・メカトロニクス講演会'05) 33. 2004/06 パターン認識を用いた声紋からの感情同定(ロボティクス・メカトロニクス講演会'04) 34. 2004/05 Emotion Detecting Method based on Various Attributes of Human Voice(5th Korea-Japan Joint Symposium on Emotion & Sensibility) 35. 2003/12 音声の諸属性からの感情検出(第11回あいまいと感性研究部会(日本感工学会)) 36. 2003/11 Construction of Virtual KANSEI by Petri-net with GA and Method of Constructing Personality(12th IEEE Workshop Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2003)) 37. 2003/05 介護者支援ロボットに適した形状についての考察(ロボティクス・メカトロニクス講演会'03) 38. 2003/05 顔画像の周波数特徴を用いた表情認識(ロボティクス・メカトロニクス講演会'03) 39. 2002/05 横顔からの感情状態の推定(ロボティクス・メカトロニクス講演会 '02) 40. 2001/09 擬似感性の概念とその構造の提案(第3 回日本感性工学会大会) 41. 1993/07/06 実時間エキスパートシステムG2を用いた知的ロボットシステムの構築(日本機械学会) 42. 1992/06/16 実時間エキスパートシステムを用いた複数台ロボットシステムの制御シミュレーション(日本機械学会) 5件表示 全件表示(42件)  閉じる   このページの先頭へ Copyright © Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.

plinkoカジノ FORTUNAカジノ(フォーチュナーカジノ)の評判や入出金方法 Stakeカジノの登録方法、2段階認証(2FA)の設定、入出金 ...
Copyright ©南アフリカダイヤモンド The Paper All rights reserved.